茨城県立中央青年の家 新着情報 tag:http://c-seinen.ibaraki-web.net/ 茨城県立中央青年の家 新着情報 2019-01-11 1月27日(日)の「開所50周年記念式典」及び「ぬく森まつり」について tag:http://c-seinen.ibaraki-web.net/, 2019-01-11:242 2019-01-11  茨城県立中央青年の家は,今年で開所50周年を迎えました。宿泊型青少年教育施設としては,県内初の歴史と伝統のある施設です。水郷筑波国定公園の豊かな自然の中,筑波山系東南端の竜ヶ峰,その中腹標高180mのところにある当施設は,眼下には霞ヶ浦をはじめ,土浦市,つくば研究学園都市,牛久の大仏や東京スカイツリーなど関東平野を一望し,さらには晩秋から冬季にかけては日本の象徴でもあります富士山の眺望を楽しむことができます。  また,毎年春には,開所当時に植え付けられた約700本の桜が見事な花を咲かせ,皆さんを迎えてくれています。このような自然豊かな中央青年の家は,開所50周年を迎え,開所以来約222万人の方々にご利用いただいております。  この50年の節目に記念式典を行うことで,これまでの取り組みを振り返るとともに,これまでご利用いただいた方々へ及び携わった関係者の皆様に感謝し,今後益々中央青年の家の活動の活性化を図りたいと思っております。  つきましては,下記により「記念式典」及び恒例の「ぬく森まつり」を開催いたしますので,ご家族お誘いのうえ,どうぞ「中央青年の家」へ足をお運びいただけますよう,よろしくお願い申し上げます。                               茨城県立中央青年の家 所長 和田 雅彦                           記 期 日  平成31年1月27日(日) 内 容  ・記念式典    9:30~10:00       アトラクション(県立牛久栄進高校書道部による書道パフォーマンス)      ・ぬく森まつり 10:00~14:00       (アトラクション,体験活動,模擬店コーナー等盛りだくさん)      ※ なお,詳細につきましては,直接中央青年の家へお問合せください。        電話 029-862-3500 感動夢体験!in中央が12月25日~27日に実施されました tag:http://c-seinen.ibaraki-web.net/, 2019-01-08:241 2019-01-08  感動夢体験!in中央が3日間にわたって実施されました。県内の小学校4~6年生78名が参加し,中央青年の家やミュージアムパーク茨城県自然博物館,さしま少年自然の家の3施設において体験活動を行いました。1日目の中央青年の家では,野外炊飯やオリエンテーリング,星空観察会を行いました。2日目は,ミュージアムパーク茨城県自然博物館に行き,企画展「くだもの展」や常設展の見学を行ったり,化石レプリカ作りを行ったりしました。さしま少年自然の家では,プラネタリウム鑑賞や創作キーホルダー作りなどを行いました。3日目は,グループで協力して手打ちうどん作りを行い,おいしくいただきました。内容盛りだくさんのよくばり体験をとおして,仲間同士の団結や友情も深まり,思い出に残る素晴らしい感動夢体験でした。 ネイチャーツアーinいばらき~食物の不思議~が12月8日(土)~9日(日)に実施されました tag:http://c-seinen.ibaraki-web.net/, 2018-12-11:240 2018-12-11  ミュージアムパーク茨城県自然博物館との連携による「ネイチャーツアーinいばらき~食物の不思議~」が1泊2日で行われました。  自然博物館で実施されている企画展「くだもの展」を見学し,様々な果物の原産地や特徴などについて学習しました。ドリアンのにおいをかぐ体験では,においの強烈さに驚いていました。午後は野鳥観察を行いコハクチョウを観察して,白鳥とサギの見分け方など学んだり,キジの羽を使ったしおりを作ったりしました。2日目は中央青年の家に講師の先生をお招きし,「りんごの話」を聞きました。りんごができるまでの流れを季節ごとに学び,実際に数種類のりんごのにおいや手触りの違いを体験しました。活動の締めくくりにはグループごとにカレー炊飯を行って,美味しいカレーをみんなで食べました。  みんなとても楽しく活動し,学習できた2日間でした。 秋の朝日峠ウォーキングが11月24日に実施されました tag:http://c-seinen.ibaraki-web.net/, 2018-11-26:239 2018-11-26  当日は天候にも恵まれ,絶好のウォーキング日和となりました。63名の参加者は,中央青年の家を出発しまず小町の館に向かいました。当日,小町の館では,「小町ふれあいまつり」を実施しており,多くの人で賑わっていました。今年度は,小野の「小町山」に本格的に整備された3つのコースから「尾根コース」を選択しました。小町の館からの登りは大変でしたが,参加者は全員が小町山山頂に登りきりました。山頂からは,「スカイツリー」「牛久大仏」「霞ヶ浦」等の絶景を楽しみました。休憩後,急な下り坂の難所を通り抜け,昼食場所の朝日峠展望公園に向かいました。朝日峠展望公園からの眺望にも感激していました。多くの参加者から「新コースはすばらしい,また来たい」「小町山へのコースが新たに加わって良かった」「また,参加したい。」等の感想をいただきました。 私の秋みーつけた!~森の贈り物でアート体験~が11月17日に実施されました tag:http://c-seinen.ibaraki-web.net/, 2018-11-21:237 2018-11-21  秋が深まる中央青年の家で,ガールスカウト茨城県連盟第12団の方々のご協力により,「私の秋みーつけた!~森の贈り物でアート体験~」が実施されました。当日は,15家族38名の参加がありました。午前中は,中央青年の家周辺の自然観察と創作活動を行いました。自分たちで自然の中で見つけた落ち葉や木の実を使った「秋のかんむり」と,スウェード紐を使った「願いが叶うストラップ」を家族で協力して作りました。午後は,家族で楽しめるレクリエーションと簡単なお菓子づくりをしました。みんなで空き缶ポップコーンや,サモアという焼きマシュマロを使ったお菓子を美味しくいただきました。 I Love いばらき!③~茨城の食文化~が11月10日(土)~11日(日)に実施されました tag:http://c-seinen.ibaraki-web.net/, 2018-11-16:235 2018-11-16  自分が住んでいる「いばらき」をもっと好きになってもらうための「ILoveいばらき!③」が実施されました。  今回は,茨城の食文化について学びました。1日目は,明治なるほどファクトリー守谷とタカノフーズ株式会社の納豆工場見学に行きました。明治の乳製品は,どのようにして,大量に安全においしく作られているのか,また,納豆についても同様に工場の解説員さんから,詳しく教えていただきました。2日目は中央青年の家で,茨城の食材を使って「けんちんうどん」を作りました。みんなで協力して作ったけんちんうどんの味は格別でした。午後からは,古河ヤクルト販売株式会社の方から,「おなか元気教室」というテーマで,おもに腸の中にいる菌について学習しました。最後は,カードゲームで楽しく食全般について学びました。  「食」をテーマにした充実の2日間でした。 みんなあつまれ!ネイチャークラフト~集まれ未来の発明家~が11月3日(土)に実施されました tag:http://c-seinen.ibaraki-web.net/, 2018-11-07:234 2018-11-07  おもしろ理科先生の稲野辺滋先生と桜井正一郎先生を講師に招きました。午前中は稲野辺先生の指導で「液体窒素でー196℃の世界を体験する」様々な科学実験を行いました。参加者は,初めて体験する液体窒素の実験にわくわくしていました。最初に,先生が液体窒素を容器に注ぐと白い水蒸気が立ち上がり,手をかざすと冷たさに驚いていました。液体窒素の中に入れたバナナで釘を打つことができることにも驚いていました。さらに,液体窒素の中に気体の酸素や二酸化炭素を入れた袋を入れると,気体により液体や固体に変化する実験も行いました。液体窒素での超伝導の実験にも歓声をあげていました。最後の実験は,液体窒素でのアイスクリーム作りです。牛乳,生クリーム,砂糖を混ぜ,液体窒素を入れるとアイスクリームの出来上がりです。美味しさは,格別でした。  午後は,桜井先生の指導で「ハンドランチグライダー」を作りました。最初に,先生が発砲スチロールで作成した主翼のデコレーションです。星形のシールや色ビニールテープを貼りオリジナルの主翼の完成です。次に,胴体に尾翼や主翼をつけ,広場で「ハンドランチグライダー」を飛ばしました。先生から飛ばし方を教えてもらい,主翼の色のグループ毎に飛ばしました。家族で飛ばし方を相談しながら,遠くまで飛ばしていました。 ファミリーウォーク~家族でビンゴ~が10月27日に実施されました tag:http://c-seinen.ibaraki-web.net/, 2018-10-30:233 2018-10-30  色付き始めた山の景色を眺めながら,22家族72名の参加により,ファミリーウォーク~家族でビンゴ~が開催されました。所要時間約1時間のコースに,丸太切りや火おこし,ネイチャーゲーム,クイズなど8つのポイントが設置され,家族で仲良く体験しながらウォーキングを行いました。参加した全ての家族がゴールまで歩ききって,ビンゴを完成させた証として完歩賞が授与されました。自然を満喫することができて,家族の笑顔があふれた一日になりました。 ファミリー農園~収穫~が10月13日(土)に実施されました tag:http://c-seinen.ibaraki-web.net/, 2018-10-17:231 2018-10-17  当日はオーナーとなりました110名の参加者がさつまいものつる切りから始まり,収穫まで家族で力を合わせて行いました。とても大きなさつまいもをたくさん収穫することができ,子どもたちの笑顔あふれる収穫体験となりました。アンケートでは「つるの処理やマルチをはがす作業等,収穫の大変さと満足感を子どもと味えたので良かった。」という声が多く聞かれました。昼食のカレーの味にも満足していました。 どきどき体験!~縄文時代へタイムワープ~が8月22日(水)~24日(金)に実施されました tag:http://c-seinen.ibaraki-web.net/, 2018-10-06:228 2018-10-06  小学5・6年生44名が,A・B2班に分かれ,2泊3日のどきどき体験に参加しました。  (公財)茨城県教育財団が発掘調査を行っている,石岡市中津川遺跡での土器洗浄,貝の選別,発掘体験をはじめ,埋蔵文化財センターいせきぴあ茨城での土器の接合や,拓本作成などの体験をとおして,古代の人々の生活や暮らしの様子を学びました。 3日間の貴重な体験から,歴史についてさらに興味・関心が高まった事業でした。 モリのホイクエンが9月15日(土)~16日(日)に実施されました tag:http://c-seinen.ibaraki-web.net/, 2018-10-06:229 2018-10-06  4,5歳児とその保護者を対象に,モリのホイクエンが9月15日~16日の1泊2日で開催されました。  この事業は,就学前教育の充実を図ることをねらいとし,自然体験活動を通して「生きる力」の基礎となる社会的スキルを育み,安定した情緒を身に付けさせようと企画されています。  1日目の活動1では,外部講師を招いて,「子供の食トラブル解決法」を親子で学習しました。学習活動2では,幼児は幼稚園教諭考案のプログラムを,保護者は「おなか元気教室」でDVDや模型等を交えながらそれぞれが楽しく食育を学びました。テント宿泊では,テントを立てたり,ランタンを用意したり親子で協力する姿が見られました。夜は,「大人カフェ」で家庭教育ブック「ひよこ」を活用し,情報交換を行いました。  2日目は,親子で「動物かくれんぼ」とザリガニ釣りを楽しみました。さらに野外調理では,自分でできることは自分でやってみようと料理にチャレンジしました。包丁でウィンナーや野菜を切ったり,お皿や器を洗ったりと,一人一人ががんばりました。親子で作った,モリのパスタとチキンのトマト煮はとてもおいしくできました。みんなの笑顔があふれた2日間となりました。 I Love いばらき!②~茨城の歴史と伝統文化~が9月29日(土)~30日(日)に実施されました tag:http://c-seinen.ibaraki-web.net/, 2018-10-04:227 2018-10-04  自分が住んでいる「いばらき」をもっと好きになってもらうための「ILoveいばらき!②」が実施されました。  今回は,茨城の歴史と伝統文化について学びました。1日目は,常陸國総社宮と栄久山覚王寺に行きました。常陸國総社宮では,神主さんから石岡市の歴史や石岡のお祭り,神様についてのお話を聞きました。覚王寺では座禅体験を行いました。我慢の修行という事で初めは辛い表情も見えましたが,自ら進んで警策を受ける子も出てきてました。住職さんの法話では三業や三心について学びました。2日目は茨城県立歴史館に行きました。茨城県の歴史やゆかりのある人物について学んだり,旧水海道小学校では日本最古と言われているグランドピアノを演奏したりしました。茨城県の歴史や伝統文化についてたくさんのことを学ぶことができた2日間でした。 ファミリーサマーキャンプ~アウトドアを楽しもう~が9月1日(土)~2日(日)に実施されました tag:http://c-seinen.ibaraki-web.net/, 2018-09-19:226 2018-09-19  当日は26家族68名の参加により,ファミリーサマーキャンプを開催しました。1日目には家族で協力して竹細工や体育館でのテント設営,カレー作りの野外炊飯を行いました。また,家庭教育学級では,小倉洋子先生から子育てについてお話を伺いました。子育てに活かせる内容が盛りだくさんで,保護者の方にも好評でした。2日目は1日目に続き竹細工で竹花瓶や竹ペン立てを作成し,思い出となる作品が完成しました。また,野外炊飯では朝食にカートンドッグを,昼食には焼きそばを作りました。家族内だけでなく他の家族とも一緒に楽しんだ2日間となりました。 ワイルドキャンプ~災害に備えて~が7月14日~15日に実施されました tag:http://c-seinen.ibaraki-web.net/, 2018-07-28:225 2018-07-28  7月14日~15日にかけて,小学4~6年生35名の参加により,「ワイルドキャンプ~災害に備えて~」が行われました。今回のワイルドキャンプは防災キャンプとして,ブルーシートを使ってのツェルト設営,ドラム缶風呂体験などを行いました。また野外炊飯では乾電池を使って火熾し体験を行いました。さらに,生米からリゾットを作ったり,牛乳パックを利用してのカートンドッグを作ったり,鍋で冷やし麺を作ったりして非常時に役立つメニューや炊飯方法を学びました。自然体験活動では,暑い中でしたが,班の結束力を高めるために,ウォークラリーを行いました。また,県南農林事務所の方々から,木材をかんなで削ったオリジナルはし作りなどを教えていただき,森林の大切さについても学習しました。参加者たちは便利な生活から離れて,様々な体験を通して,災害時に役立つ知識を学んだ2日間でした。 ファミリー農園の苗の様子(7月26日現在) tag:http://c-seinen.ibaraki-web.net/, 2018-07-26:223 2018-07-26  連日の暑さにも負けず,苗はグングン成長しています。  7月26日(木)現在の苗の様子は写真のようになっております。  つるが成長して,つる返しが必要になってきました。