茨城県立中央青年の家 新着情報 tag:http://c-seinen.ibaraki-web.net/ 茨城県立中央青年の家 新着情報 2018-11-16 「私の秋みーつけた~森の贈り物でアート体験~」の実施について tag:http://c-seinen.ibaraki-web.net/, 2018-11-16:236 2018-11-16  明日予定しております「私の秋みーつけた~森の贈り物でアート体験~」は,予定通り実施いたします。  参加される皆様のお越しを心よりお待ちしております。                                   茨城県立中央青年の家 所長 和田 雅彦 みんなあつまれ!ネイチャークラフト~集まれ未来の発明家~が11月3日(土)に実施されました tag:http://c-seinen.ibaraki-web.net/, 2018-11-07:234 2018-11-07  おもしろ理科先生の稲野辺滋先生と桜井正一郎先生を講師に招きました。午前中は稲野辺先生の指導で「液体窒素でー196℃の世界を体験する」様々な科学実験を行いました。参加者は,初めて体験する液体窒素の実験にわくわくしていました。最初に,先生が液体窒素を容器に注ぐと白い水蒸気が立ち上がり,手をかざすと冷たさに驚いていました。液体窒素の中に入れたバナナで釘を打つことができることにも驚いていました。さらに,液体窒素の中に気体の酸素や二酸化炭素を入れた袋を入れると,気体により液体や固体に変化する実験も行いました。液体窒素での超伝導の実験にも歓声をあげていました。最後の実験は,液体窒素でのアイスクリーム作りです。牛乳,生クリーム,砂糖を混ぜ,液体窒素を入れるとアイスクリームの出来上がりです。美味しさは,格別でした。  午後は,桜井先生の指導で「ハンドランチグライダー」を作りました。最初に,先生が発砲スチロールで作成した主翼のデコレーションです。星形のシールや色ビニールテープを貼りオリジナルの主翼の完成です。次に,胴体に尾翼や主翼をつけ,広場で「ハンドランチグライダー」を飛ばしました。先生から飛ばし方を教えてもらい,主翼の色のグループ毎に飛ばしました。家族で飛ばし方を相談しながら,遠くまで飛ばしていました。 ファミリーウォーク~家族でビンゴ~が10月27日に実施されました tag:http://c-seinen.ibaraki-web.net/, 2018-10-30:233 2018-10-30  色付き始めた山の景色を眺めながら,22家族72名の参加により,ファミリーウォーク~家族でビンゴ~が開催されました。所要時間約1時間のコースに,丸太切りや火おこし,ネイチャーゲーム,クイズなど8つのポイントが設置され,家族で仲良く体験しながらウォーキングを行いました。参加した全ての家族がゴールまで歩ききって,ビンゴを完成させた証として完歩賞が授与されました。自然を満喫することができて,家族の笑顔があふれた一日になりました。 ファミリー農園~収穫~が10月13日(土)に実施されました tag:http://c-seinen.ibaraki-web.net/, 2018-10-17:231 2018-10-17  当日はオーナーとなりました110名の参加者がさつまいものつる切りから始まり,収穫まで家族で力を合わせて行いました。とても大きなさつまいもをたくさん収穫することができ,子どもたちの笑顔あふれる収穫体験となりました。アンケートでは「つるの処理やマルチをはがす作業等,収穫の大変さと満足感を子どもと味えたので良かった。」という声が多く聞かれました。昼食のカレーの味にも満足していました。 どきどき体験!~縄文時代へタイムワープ~が8月22日(水)~24日(金)に実施されました tag:http://c-seinen.ibaraki-web.net/, 2018-10-06:228 2018-10-06  小学5・6年生44名が,A・B2班に分かれ,2泊3日のどきどき体験に参加しました。  (公財)茨城県教育財団が発掘調査を行っている,石岡市中津川遺跡での土器洗浄,貝の選別,発掘体験をはじめ,埋蔵文化財センターいせきぴあ茨城での土器の接合や,拓本作成などの体験をとおして,古代の人々の生活や暮らしの様子を学びました。 3日間の貴重な体験から,歴史についてさらに興味・関心が高まった事業でした。 モリのホイクエンが9月15日(土)~16日(日)に実施されました tag:http://c-seinen.ibaraki-web.net/, 2018-10-06:229 2018-10-06  4,5歳児とその保護者を対象に,モリのホイクエンが9月15日~16日の1泊2日で開催されました。  この事業は,就学前教育の充実を図ることをねらいとし,自然体験活動を通して「生きる力」の基礎となる社会的スキルを育み,安定した情緒を身に付けさせようと企画されています。  1日目の活動1では,外部講師を招いて,「子供の食トラブル解決法」を親子で学習しました。学習活動2では,幼児は幼稚園教諭考案のプログラムを,保護者は「おなか元気教室」でDVDや模型等を交えながらそれぞれが楽しく食育を学びました。テント宿泊では,テントを立てたり,ランタンを用意したり親子で協力する姿が見られました。夜は,「大人カフェ」で家庭教育ブック「ひよこ」を活用し,情報交換を行いました。  2日目は,親子で「動物かくれんぼ」とザリガニ釣りを楽しみました。さらに野外調理では,自分でできることは自分でやってみようと料理にチャレンジしました。包丁でウィンナーや野菜を切ったり,お皿や器を洗ったりと,一人一人ががんばりました。親子で作った,モリのパスタとチキンのトマト煮はとてもおいしくできました。みんなの笑顔があふれた2日間となりました。 I Love いばらき!②~茨城の歴史と伝統文化~が9月29日(土)~30日(日)に実施されました tag:http://c-seinen.ibaraki-web.net/, 2018-10-04:227 2018-10-04  自分が住んでいる「いばらき」をもっと好きになってもらうための「ILoveいばらき!②」が実施されました。  今回は,茨城の歴史と伝統文化について学びました。1日目は,常陸國総社宮と栄久山覚王寺に行きました。常陸國総社宮では,神主さんから石岡市の歴史や石岡のお祭り,神様についてのお話を聞きました。覚王寺では座禅体験を行いました。我慢の修行という事で初めは辛い表情も見えましたが,自ら進んで警策を受ける子も出てきてました。住職さんの法話では三業や三心について学びました。2日目は茨城県立歴史館に行きました。茨城県の歴史やゆかりのある人物について学んだり,旧水海道小学校では日本最古と言われているグランドピアノを演奏したりしました。茨城県の歴史や伝統文化についてたくさんのことを学ぶことができた2日間でした。 ファミリーサマーキャンプ~アウトドアを楽しもう~が9月1日(土)~2日(日)に実施されました tag:http://c-seinen.ibaraki-web.net/, 2018-09-19:226 2018-09-19  当日は26家族68名の参加により,ファミリーサマーキャンプを開催しました。1日目には家族で協力して竹細工や体育館でのテント設営,カレー作りの野外炊飯を行いました。また,家庭教育学級では,小倉洋子先生から子育てについてお話を伺いました。子育てに活かせる内容が盛りだくさんで,保護者の方にも好評でした。2日目は1日目に続き竹細工で竹花瓶や竹ペン立てを作成し,思い出となる作品が完成しました。また,野外炊飯では朝食にカートンドッグを,昼食には焼きそばを作りました。家族内だけでなく他の家族とも一緒に楽しんだ2日間となりました。 ワイルドキャンプ~災害に備えて~が7月14日~15日に実施されました tag:http://c-seinen.ibaraki-web.net/, 2018-07-28:225 2018-07-28  7月14日~15日にかけて,小学4~6年生35名の参加により,「ワイルドキャンプ~災害に備えて~」が行われました。今回のワイルドキャンプは防災キャンプとして,ブルーシートを使ってのツェルト設営,ドラム缶風呂体験などを行いました。また野外炊飯では乾電池を使って火熾し体験を行いました。さらに,生米からリゾットを作ったり,牛乳パックを利用してのカートンドッグを作ったり,鍋で冷やし麺を作ったりして非常時に役立つメニューや炊飯方法を学びました。自然体験活動では,暑い中でしたが,班の結束力を高めるために,ウォークラリーを行いました。また,県南農林事務所の方々から,木材をかんなで削ったオリジナルはし作りなどを教えていただき,森林の大切さについても学習しました。参加者たちは便利な生活から離れて,様々な体験を通して,災害時に役立つ知識を学んだ2日間でした。 ファミリー農園の苗の様子(7月26日現在) tag:http://c-seinen.ibaraki-web.net/, 2018-07-26:223 2018-07-26  連日の暑さにも負けず,苗はグングン成長しています。  7月26日(木)現在の苗の様子は写真のようになっております。  つるが成長して,つる返しが必要になってきました。 I Love いばらき!①~茨城の自然~が6月16日(土)~17日(日)に実施されました tag:http://c-seinen.ibaraki-web.net/, 2018-06-21:221 2018-06-21  自分が住んでいる「いばらき」をもっと好きになってもらうために「ILoveいばらき!①」が実施されました。  今回は,茨城の自然について学びました。1日目は「高崎自然の森」や「筑波実験植物園」を訪れ,植物観察の学習を行いました。夜は,「身近に見られる鳴く虫」について学習しました。2日目は,「中央青年の家」周辺の植物を採集し,名前を調べたり植物のリストを作成したりしました。参加者は,熱心に植物の名前を調べていました。  茨城の自然に対する新たな発見や魅力を感じた2日間でした。 わんぱくキッズ~ターザンになれる日~が6月9日(土)に実施されました tag:http://c-seinen.ibaraki-web.net/, 2018-06-17:220 2018-06-17  当日は天候に恵まれ,晴天のもとで自然体験活動を行うことができました。ボーイスカウトの方々の協力の下,午前中はテント設営体験を行いました。午後はツリーベッドやスラックラインなどのロープを使った体験,カモフラージュや木のキーホルダー作りなど自然に触れる遊びを行いました。 子どもたちは班の仲間と楽しく元気に過ごしました。 「ジュニアリーダー研修」が6月2日(土)~3日(日)に実施されました tag:http://c-seinen.ibaraki-web.net/, 2018-06-12:219 2018-06-12  ジュニアリーダー研修が6月2日(土)~3日(日)の1泊2日で実施されました。ボランティアに興味のある高校生が参加し,講習や体験実習を行いました。参加者は皆意欲的に取り組みボランティアについての知識や技能・役割等を学び,自らの生活体験を豊かにするとともに,社会に貢献する態度や意識を高めました。  二日間の研修を終えた参加者には,所長より茨城県弘道館アカデミーの修了証が授与されました。 「防災スペシャル体験!~なるほど・The・防災~」が5月26日(土)に実施されました tag:http://c-seinen.ibaraki-web.net/, 2018-06-05:218 2018-06-05  5月26日(土)に「防災スペシャル体験!~なるほど・The・防災~」を25家族76名の方々にご参加いただき,実施いたしました。  午前中は,国土交通省関東地方整備局霞ヶ浦河川事務所の協力のもと降雨体験,また停電を想定して,ペットボトルを利用した照明作り,毛布を使った救急搬送体験を行いました。降雨体験では,雨具を着用して300ミリの豪雨を親子で全員が体験しました。300ミリの雨のすごさにみんな驚いていました。また,昼食には災害時を想定してポリ袋を使った「ご飯作り」をグループで協力して作りました。。  午後は土浦市消防本部新治消防署の協力のもと煙体験や消火器体験を親子で行いました。消防車や救急車の中も見せていただき,参加者たちは目を輝かせていました。 「ファミリー農園~苗植え~」が5月19日(土)と20日(日)に実施されました tag:http://c-seinen.ibaraki-web.net/, 2018-05-22:216 2018-05-22  中央青年の家から3km程離れた「山ノ荘体験農場」にて,さつまいもの苗植えを行いました。19日(土)に小学校の運動会と重なってしまった家族のために,20日(日)にも実施しました。2日間とも天候に恵まれ,33家族(99名)の方々に参加いただきました。オーナーとなった畝に,約30本の苗を家族で力を合わせて植えました。家族ごとに工夫をこらしたオリジナルの看板も作成しました。  多くの参加者から,「苗植えがとても楽しかった。」「土との触れあいが楽しかった。」等の声が聞かれました。また,「子供が,井戸を初めて使えて感動した。」との声もありました。  全ての作業後,昼食に参加者みんなで美味しいカレーライスに舌鼓を打ち,家族での楽しいひとときを過ごしました。10月13日(土)が「収穫」の予定です。たくさんのさつまいもが収穫できることを願いつつ,農場を後にしました。